蕎麦屋帳の「蕎麦屋訪問記」

あっちに「おいしいお蕎麦やさんがある」と聞けば、
ひょこひょこと食べに出かけ
こっちに、おいしいお蕎麦やさんがあれば、
一度は食べてみたいと思う
ただそれだけで、こだわりも、薀蓄もナンにもない
JJのお蕎麦やさん紹介
0
    愛知県東栄町 茶禅一 雲上そば

    JUGEMテーマ:蕎麦屋

    愛知県東栄町 茶禅一 雲上そば

     

    今日も暑い。
    新聞に「岩タバコの花が咲いている所がある、
    平年より一ヶ月も遅い」という記事が載った。
    奥三河の山の中は少しは暑さしのぎになろうかと
    出かけることにした。

    国道151号線を北上、東栄町に入る、
    午前11時の時報をカーラジオが知らせてくれる。

    久しぶりに、茶禅一の蕎麦を食べようと訪ねた。
    国道473号線から県道74号線に入り、15分ほど山道を上がる。

    店について驚いた、

    11時20分程だったが駐車場はほぼ満車だった。とりあえず空きを見つけて
    駐車し、店内へ、既に満席で、7組ほどが空き待ちの状態だった。

    受付用紙に記名をして、向かいにある茶屋で水出し緑茶を
    頂きながら、待つことに。

     

    お茶屋、「おもてや園」のご主人が迎えてくださる。
    週末は、いつも盛況だそうだ。皆さん1時間以上も掛けて
    来店されるようだ。私も家から1時間半のドライブであった。
    相席となった先客は二人連れの男性で、バイクでやってきたそうだ。

    雲上そば、二種盛りと、てんぷら盛り合わせを注文。

    てんぷらは、かぼちゃ、茄子などの野菜のほか、

    蕎麦掻のてんぷらが入っていてはじめての体験だった。おいしい。


    雲上そばは二八、

    二種盛りは雲上そばとあわせ切りの2種盛りである。


    あわせ切りは、茶そばと雲上そばを重ねて切り出すもので
    そばの切り口が2層になっているのがわかる。


     

    2種盛りは、そば豆腐、水出しほうじ茶、大福などがセットになっていて、
    そば豆腐も滑らかな舌触りでおいしくできている。

    久しぶりに満足して、外に出ると、眼下に茶畑が見え、

    季節によって、この谷を雲が埋める、雲海が見られる。

    相席のお二人が、バイクの音を軽快にひびかせ、会釈をして、走り去る。
    また逢うことはないかも知れないが、ほっとする心地よさがあふれる。

     

    さて、われわれも岩タバコを探しにしゅっぱつだ。
    上ってきた県道74号を下り、国道473号に出る。

    国道151号線を横切って山道にはいる。
    新聞記事には国道沿いの崖面にあるという。

    相方が新聞の写真とにらめっこしながら、道路わきの壁面を探している。
    できるだけゆっくり走るのだが、道路は細いところもあり、

    そのわりに走行する車があり、身勝手な走行ははばかられる。

    2,3箇所それらしき所はあるもののバス停などの地名が記事の地名と一致しない。
    そろそろ町境になりそうなあたりで壁面に写真と似た葉が群生しているのを相方が見つけた。

    がけ崩れ防止のため金網が一面に張られているが、その下に一面に広がっている。
    たまたま、古い道の名残か一台車が置ける場所があったので、車を降りて探してみた。

    金網越しで違和感があったが、いくつか花を見つけて、

    記事の写真と見比べ岩タバコだと確信した。

    金網越しに花を探しながら、数十メートル戻ると、金網が途切れて、
    直に見られるところがあった。時間的に最良のタイミングではないのかも知れないが
    いくつか写真に収めて帰路についた。

     

    この時期、熱中症などが怖くて、日中のウォーキングもママならず。
    こんなドライブが我が家の消夏法である。

     


    茶禅一
    愛知県北設楽郡東栄町御園字坂場118-10
    0536-76-0621
    11:00〜売切迄
    18:00〜21:00(要予約)
    不定休(茶摘みの時期など長期休あり)
    水木休
    盆営業
    平成18年10月開業

     

    以前訪問時の記事
    2012.09.03 Monday
    http://sobayacho.jugem.jp/?eid=4

     

     

     

     


     

     

     

    | sobayacho | 愛知県 | 21:48 | comments(0) | - | - |
    0
      愛知県田原市 はないち しらすおろし しらす掻き揚げ

      JUGEMテーマ:蕎麦屋

      愛知県田原市 はないち しらすおろし しらす掻き揚げ

       

       豊橋市の太平洋岸の一角に笹ゆりの里として近隣の人たちが
      丹精こめて育てているところがある。

      そのところどころに和歌を書いた短冊ようの木札を掛けてある。
      その木札についての記事が地元新聞に載った。
      この日曜が最後で、取り外すという。バックには沢山に咲いた
      笹ゆりの写真がある。ウオーキングをかねて出かけることにした。

       

       現地に着いてみると、特設駐車場に5、6台の車があり、私達以外にも
      続いて到着する車がある。園地まで少し歩く。

      残念ながら花はほとんど終わってしまっていた。
      ウオーキングのつもりで園内を歩く、

      わずかに残っているささゆりの花

      置物のウサギが二羽笹ゆりの葉の陰に潜んでいる

       

       ここには安政の地震の鎮めの碑というのがある。

      「安政元年(1854)11月4日 M8.4 東海地震、同11月5日 東南海地震 M8.4 」と記されている。

      「言い伝えでは29メートルの高台まで水が上がったとのこと」とも記されている。

      1945年の地震は幼児のころの記憶としてある。昨今、東海地震、東南海地震の可能性が

      叫ばれている。先祖の体験を知識としてではなく、己のこととして引き継いでいく

      それが、祈りであり、祭りなのだと思う。それがここにある。

       

      はるか下方に釣り人が見える

       

      園地を出て、浜辺まで下りてみる。
      釣り人やサーファーがそれぞれのときを過ごしている。

      西方に伊良湖岬か神島か定かには判別できないが山が見える。

      伊良湖岬まで足を延ばすことにする。

       

       赤羽根はサーファーの集まる、赤羽根ロングビーチというサーフポイントで知られるところである。
      国道沿いの「はないち」で昼食とする。

      土曜日なので地元家族連れでにぎわっている。二組ほど待って席に案内された。

      赤羽根港に揚がるしらす使った品がいくつかある。
      渥美半島どんぶり街道と銘打って、街道沿いの飲食店が
      36店でスタンプラリーを行っている。ここには赤羽根しらす丼がある。

      とはいえ、やはり蕎麦がいい。
      ということで、掻き揚げつき、しらすおろし蕎麦を頼む。

      相方はミニしらす丼、ミニ蕎麦が付いている。

      ミニしらす丼とミニ蕎麦。

      蕎麦はこの地方特有の「にかけ蕎麦」である。

      かけそばに油揚げの刻み(味付けも煮込みもない)
      蒲鉾、ほうれん草、を載せ、鰹節を振りかけたもの。

      もともとはこの地方はうどん文化なので「にかけうどん」だがそばに応用したもののようだ。

      しらすおろし蕎麦

      おろしの緑色はなにか尋ねそびれた。おろしはやや辛みが強いように感じた。

      蕎麦は色白で細め、掻き揚げは厚くボリュームがある、さくっと揚がっていておいしい。

       

       今日は風も穏やかで、陽射しがあるので、伊良湖岬はそこそこの人出があり砂浜で釣りをする人、

      波打ち際で波と戯れる人など眺めながら、灯台のあたりを回ってフェリー乗り場辺まで一回りウオーキング。

      振り向けば、恋路が浜

      神島、三浦友和、山口百恵の潮騒の舞台

      三浦貴大の両親と言ったほうがわかる時代かな

       

      灯台、椰子の実が流れ着いたのはこのあたりか

      「名も知らぬ遠き島より流れよる椰子の実ひとつ」

      という歌の原点

       

       遊歩道の脇に大きな葉のハマアザミが生えている。


      一つだけ花が咲いていた。


      はないち
      愛知県田原市赤羽根町赤土25-8
      0531-45-4187
      11:00〜15:00 17:30〜20:00
      月曜日(祝日の際は営業、翌火曜日休み)

       

      | sobayacho | 愛知県 | 22:01 | comments(0) | - | - |
      0
        愛知県蒲郡市 やをよし 龍神おろし

        JUGEMテーマ:蕎麦屋

        愛知県蒲郡市 やをよし 龍神おろし

         

         三河の国に400年以上前からある、温泉地形原温泉、

        あじさいの里で、6月の初めから、アジサイ祭りが行われている。

         我が家の紫陽花も近隣の庭の紫陽花も見ごろになってきたので

        そろそろ良かろうと見物に出かけた。

        土日をさけ、月曜の昼前に現地に到着したのだが、
        かなりの人出で、駐車場はしばらく入場待ちをさせられた。

        鉢植えの展示コーナーを下って、池の堤の斜面に咲く紫陽花を見物。

        ハワイアンスカイ

         

         あじさいの里には50000本の紫陽花があるという。この日は6分〜7分の表示があった。

        あと一週間ほどで満開、そのころには梅雨もすすんで、雨に濡れる紫陽花が見られる。

        土手の紫陽花

         

         120種ほども園内にあるという紫陽花、名前はさだかではないまま、

        色とりどりに咲く紫陽花の間を梅雨の晴れ間というより、梅雨の来ぬ間の日差しを浴びて散策。

         

        あじさいの里いろとりどりに

         

         それなりに満足して、あじさいの里をあとに、道の両側に、紫陽花の続く、

        三ヶ根山スカイラインをドライブして帰路に着く。

         

         以前、娘がネットで調べて連れて行ってくれた、「やをよし」で昼食をとることに。

         

        店舗看板

         

        創業明治36年という老舗うどんやである。


         看板は、うどんだが蕎麦も手打ちで長野県飯綱産の蕎麦粉を使用しているという。

        お品書きは「うどん」と」あるが、傍らに「そばも店の打ち場で手打ち」とある。
        どの品もうどんと蕎麦いずれもできるとのこと。

        あれこれ品書きを見比べて、「龍神おろし」に決めた。

        ぶっ掛け蕎麦で、エビフライかとんかつを選んでトッピングするという。

        とんかつより海老が蕎麦には似合いそうだとエビフライを選んだ。

        随分前にコロッケ蕎麦を食べた記憶があるが、エビフライ、とんかつは初めてお目にかかる。


        龍神おろし

         丼におさめた蕎麦にエビフライ2尾、茗荷、大葉、わかめが並び、

        2尾並んだエビフライの上におろし、その中央に鶉の卵が乗っている。

        エビフライのほとんどをおろしが隠しているせいか違和感はない。

        蕎麦もしっかりして、エビフライも軽くあがっていておいしい。
        有名人も結構来るお店らしく色紙が待合に多数飾ってある。
        帰り際に打ち場を除くと、追加分か明日の分か、うどんを踏んでいた。


        やをよし
        愛知県蒲郡市竹島町7-12
        0533-68-3804
        11:00〜14:30(L.O)17:00〜20:00(L.O)
        月曜日、第4火曜日 定休(月曜日祝日営業、翌日振り替え)
        http://www.sk.aitai.ne.jp/~meiji36

         

        | sobayacho | 愛知県 | 20:25 | comments(0) | - | - |
        0
          清水庵 豊橋 20170520

          JUGEMテーマ:蕎麦屋

           

          清水庵 豊橋市 もりそば定食

           

          「愛知県と長野県にまたがる標高1415mの茶臼山に連なる、

          標高1,358メートル、萩太郎山の頂上付近に広がる色鮮やかな芝桜の絨毯。

          平成19年度から植栽をはじめ、現在では22,000平方メートルの広大な敷地に

          40万株の芝桜が咲き誇っている。ピンク、白、淡青、青紫など、

          色と形が違う6種類の芝桜が織りなす天空の花回廊。」

           あと一週間もすれば一面満開の芝桜となり、道路は延々車で埋め尽くされる、

          と予想されるので、少し早めに見物に出かけた。午前11時過ぎに到着したのだが、

          駐車場入り口に10台ほど入場待ちの列ができていた。

          土曜日とあって六ヶ所ある駐車場の入口を一ヶ所に制限し

          そこから各駐車場に誘導しているから、かなりの台数が入っている。

          しばらく待って、入り口のある第二駐車場に入場出来た。

          この時期は有料になる。ここからは、茶臼山頂上へ約40分、

          萩太郎山、芝桜へは約20分であがれる。駐車場で車の誘導をしている人に聞くと、

          予想よりもかなり来場者が多いという。

          今日は、雪の無いゲレンデを萩太郎山山頂目指して登る。

          快晴のなか、風がさわやかで心地よい。

          振り向けば、南アルプスの雪の頂がかすんで見える。

          芝桜の中で、もっとも大きなピンクの花を咲かせるマックダニエルクッションが

          満開に近いように見える。咲き揃わないところや整備中のところなど見られるが、

          見物の人たちも、好天とさわやかな風のなか、そぞろ歩き、椅子に腰を落ち着け、

          カメラを構え、楽しそうにすごしている。

           山頂から、遠景の南アルプスを眺め、案内板にある山をあれこれと指差してみるが、

          北岳、聖岳、赤石岳、名前は覚えても、登ったり、出かけたりしたわけではないので、

          その場限りで終わるのが常である。

           

           長野県側の根羽に降り、153号線を飯田に向かう。ネバーランドで遅い昼食。

          10日ほど前に153号線を飯田に向かって走った折、花桃の多いのに驚いた。

          花桃を初めて見たのは、長野県の清内路であった。20年ほど前だったと思う。

          151号を北上して、飯田から清内路へ何度か花桃を見に出かけた。

          それがいまやあちらこちらで花桃の里が標榜され、花桃街道が出来ている。

           

           清内路トンネルを北に抜けたあたりには、まだ花が残っているが、

          清内路花桃街道の花桃も大部分は終わっている。

          清内路をさらに北に向かって坂道を下って行くと、漆畑地区に木地師の店が何軒かあり、

          以前にも立ち寄ったことのある、「木地屋やまと」さんに久しぶりに立ち寄った。
          木地師とはろくろを使って椀や盆のような円形のくりもの木地を作る人々のことで、

          その歴史は1100年以上も遡るという。


          店内を見て回っていると、名刺が沢山おいてあるのが目に入った。

          見ると蕎麦屋の名刺が何軒かある。尋ねてみるとお客さんの名刺だとのこと。

          丸富(駒ヶ根市)、わくり(中津川市)、WING(恵那市)の名刺がある、

          丸富さんの名刺は最後の一枚だったので遠慮しようと思ったが、

          女将さんがどうぞと言われるので、もらって帰ることに。

           

           南木曽から馬籠峠を越え、馬籠宿を散策、中央道、東海環状、新東名など経由、豊橋へ。
          夕食時でもあったので、清水庵で夕食。盛りそば定食。相方は天ぷらそばを注文。

          もりそばに掻き揚げ小鉢(里芋)とごはんでセット

           

          天ぷらそば

           

          両方ともボリュームは、分を超えていた。

           

           

           

          清水庵
          愛知県豊橋市大清水町娵田54番地
          11〜15/17〜20:30
          定休日 月
          0532-25-4556
          80 席 

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          | sobayacho | 愛知県 | 15:37 | comments(0) | - | - |
          0
            紗羅餐 本店 名古屋市

            JUGEMテーマ:蕎麦屋

            2016年10月03日

             

            名古屋市南区、紗羅餐本店

             

             尾張横須賀に用事があって出かけることになりました。

            久しぶりに紗羅餐本店によることに。

            東名高速は新東名が豊田JCまで開通したので、

            美合、豊田JC間の3車線運用を終え、2車線の運用に戻りました。

            車線はまだひきなおしの途中で車線の幅が不揃いのようです。

            伊勢湾岸道の東海ICで高速を降りて紗羅餐へ向かいます。

            久しぶりの本格手打ち蕎麦に気持ちが昂ってきます。

             

            営業中の看板の向こうに喚続神社の灯篭が見えます。

            神社は500年程前に創建されたといいます。

             

            入り口を入ると蕎麦打ちの様子が見られます。

            十割のざるそば、桜海老の掻き揚げの小を注文しました。

            一口蕎麦、お通しです。新そばをいただけます。

            相方は天ぷらそばセットです。

            天ぷらそばセットには、蕎麦豆腐がつきます。

            半分、おすそ分けしてもらいました。

            滑らかな舌触りが久しぶりの感触です。

             

            十割蕎麦です。

            汁は、この地方の味辛味のきつくない、好みの味です。

            久しぶりの十割蕎麦なので、いろいろ食べてみたいのですが、

            食べられる量が少なくなってしまって、一品で良しとしています。

             

            桜海老の掻き揚げ、これで小サイズです。

            向こうに見えるのは相方の天ぷらです。

            海老の身がしっかり入って、さくっとした仕上がり、塩で頂きます。

            今日もおいしい。

             

            蕎麦湯です。

            ここの蕎麦湯は蕎麦粉を溶いてあるものです、濃くておいしくいただけます。

            覗いてみると殻の黒いものが混じっているのがわかります。

             

            平日の昼時を少し過ぎたところだったので、ゆっくりさせてもらいました。

             

             

            紗羅餐

            愛知県名古屋市南区星崎1丁目147-3
            052-824-7037
            営業時間 昼の部 11:30〜14:30
                     夜の部 17:30〜21:00
            年中無休(夏季・冬季休暇有り)

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            | sobayacho | 愛知県 | 10:48 | comments(0) | - | - |
            0
              千里十里、愛知県、新東名岡崎東IC
              JUGEMテーマ:蕎麦屋

              千里十里 本店

              四月に入って、地元の公園や池のほとりの桜は花見客で大賑わいの土曜日、
              岡崎の奥山田の枝垂桜も満開との情報をテレビで知った。
              ネット情報によれば「天然記念物に指定されている奥山田のしだれ桜は、
              1300年ほど前に持統天皇が村積山へ行幸した際に、お手植えになったと伝えられる
              エドヒガン桜の逸品です。(岡崎観光協会サイト)」という。
              さてこそ、と出かけることにした。


              折角なので、久しぶりに蕎麦屋によりたいと、「千里十里本店」を通るコースを選んだ、
              何度か前を通ったことはあるが、時間が合わず入ったことがなかった店のひとつ。
              評判は悪くない。蕎麦専門ではないが、石挽き手打ち蕎麦をうたった店である。



              11時40分過ぎの入店だったが、50席ほどの席が半分ほど埋まっている。

              地元の人が中心のようで、愛されている感じである。
              どちらかといえば、うどんを食べている人のほうが多い印象だが、
              常連なのか、皆さんリラックスして楽しんでいらっしゃる。
              久しぶりの蕎麦屋で、リラックスできていないのは自分だけのようである。

              ざると山菜のてんぷら、相方は山菜蕎麦を選んだ。

              ざる蕎麦

              綺麗にそろったそば、おいしい。

              薬味は、ねぎとわさび

              山菜そば、

              相方は山菜蕎麦に蒲鉾はいらないという。
              でも、三河の「にかけ」で育った自分なら、うどんでもそばでも
              紅色と白色の蒲鉾が入っていると嬉しい気持になってしまうのだが。

              食べ終わって席を立とうかとしたとき、「蕎麦湯お持ちしますね」と声がかかった。



              嬉しいね。このころには店内のテーブルのほとんどにお客さんがいて忙しい中なのに、
              当たり前とはいえ、昼飯時の店で請求する前に蕎麦湯を出してくれるとは。
              蕎麦湯も期待以上のしっかりした本物の蕎麦湯で十分楽しめる。

              さて、ここからはカーナビに花を持たせつつ、一旦岡崎市の市街地に入り、
              岩津天神、真福寺など有名な寺社のあるあたりをぬけて、奥山田へ向かう。
              駐車場は整備されていないが、近くの道路に駐車した車がずらり、
              地元の人が町の施設で野菜や果物、土産などを販売している。



              空いたところに車をとめ、桜の近くまで見物にそぞろ歩く。

              満開を過ぎた桜の花びらが風に舞い落ちて、樹のあしもとには花びらの白いろが広がっている。
              樹齢1300年という桜の花を楽しんできた。

              帰り際、お土産に松平饅頭なるものを買って、せめて地元にお礼のつもり。
              ここらあたりは、徳川家のルーツ松平の郷になるのでしょうか。


              帰りは例によって、行方定めぬドライブで、山道をぬけ国道301号線に出た。
              道路沿いに花やを見つけ、スミレの鉢を二鉢買って、作手、新城を経由して豊橋に戻る。
              市内に入って新しく開通したばかりの赤岩山のトンネルを走る。
              新しい道を走るのはとても嬉しい。
              このトンネルが出来たことで我が家は豊川インターへのアクセスが一段とスムーズになった。

              千里十里 本店

              0564-82-2795
              愛知県岡崎市桜井寺東野101-1
              11:00〜14:30(O.S.)
              17:00〜19:30(O.S.)
              定休日 月曜日・金曜日の夜

               
              | sobayacho | 愛知県 | 21:44 | comments(0) | - | - |
              0
                そば源、 愛知県豊橋市
                JUGEMテーマ:蕎麦屋

                そば源、 愛知県豊橋市

                随分前からホームページは見ていて、
                蕎麦屋帳にもアップしてあるのだが、
                訪問する機会がないままになっている店だった。
                静養中の義兄がそばを食べたいと言っていると聞いて、
                生の蕎麦を差し入れようと思い立った。




                通り沿いのおしゃれな看板




                待合室の暖簾

                石破大臣からのレターの写しなど待合室の掲示
                今日はすぐに席に案内されたので、中身は次回に
                ゆっくり見させてもらいます。




                ここのご主人が描いた桜の額の前の席に陣取った。
                箸袋、これは楽しい
                相方は、ざるとろろ、自分は天ざるを注文。


                調理場の出入り口にかかる暖簾が目の前にある


                ざるは二段、とろろには生卵が入っている。




                天ざるが遅れて出てきた


                薬味のねぎ、大根おろし、山葵とともにウズラの卵


                天ぷらは、海老、きす、かぼちゃ、大葉、キノコ
                さくっとおいしく揚がっている


                ざるの二段が結構な量に思えるようになった。
                信州戸隠産のそば粉を使って打ったそばだという。
                山葵をつけて食べてみる、おいしい。


                汁にウズラの卵を落とす。汁は甘目も味、
                たっぷりと蕎麦を浸して食べるこのあたりの食べ方に合う。


                てんぷらは塩で食べる。以前、痛風が出て以来
                海老は、相方が食べることが多い。キスもおいしく
                揚がっている。


                蕎麦湯も適度にとろみがつけてあって満足。




                デザート、杏仁豆腐、相方の担当、うまいと言っている。


                久しぶりの本格蕎麦に満足。
                差し入れ用の生蕎麦をもらって、ごちそう様。

                さて、差し入れに行って来よう。


                生蕎麦のパックもきれいなしゃれた箱入りだったが
                写真を撮り忘れた、残念。


                信州戸隠そば そば源
                豊橋市植田町上り戸1-2 TEL.0532-25-3331
                定休日/無休
                営業時間/AM11:00〜PM3:00 PM5:00〜PM8:30
                P:28台/店内禁煙
                http://www.toyo84.net/sobagen/
                 
                 
                | sobayacho | 愛知県 | 20:00 | comments(0) | - | - |
                0
                  一心 名古屋 港区
                  JUGEMテーマ:蕎麦屋
                  名古屋での用事が済んで、港区の蕎麦屋「一心」初訪問。
                  名古屋競馬場近くの東海通りから二筋ほど北に入ったところにある。
                  「手挽きそばで、十割そばがおいしい」が店の売りなので楽しみにしていた。
                  日の暮れが早くなって、もう看板もはっきり見えないほど。



                  中はそこそこの広さがあり、入り口を入って右側にテーブル席
                  左側が厨房になっている。厨房の奥のならびに板敷きのテーブル席があり、
                  6人席、4人席、2人席の三席がある。その4人席にとおされた。

                  新そば入荷とある。楽しみ。

                  玉子焼きを食べてみたかったが、時間がかかりそうなので、
                  えび天ざると野菜天ざるを注文。

                  セットの蕎麦とそば寿司

                  蕎麦豆腐もついています。ここの蕎麦豆腐も評判どおりおいしい。

                  野菜の天ぷら、えりんぎ、ヤングコーン、アスパラガス、茄子、レンコン
                  椎茸、にんじん、サツマイモ、パプリカ、かぼちゃ、ぴーまん。

                  相方の海老天、小エビ、レンコン、椎茸、ぴーまん、パプリカほか
                  天汁もついていますが、テーブルに塩が備えてあります。
                  塩で食べました。あつあつでおいしかった。
                  そば寿司もおいしくできています。十割そばと蕎麦豆腐、そば寿司と
                  盛りだくさんで、最近の私達にとっては、多すぎるほどの贅沢でした。

                  蕎麦湯は、白さも濃く、とろっとした感じで、蕎麦粉が溶いてありますかと
                  たずねたら、この時間帯は純粋の蕎麦湯だとのことでした。
                  そばつゆの残りにたして飲むと出し加減がいい塩梅です。

                  厨房からの「ありがとうございました」に送られて、外に出ると
                  本日終了の表示があった、次回は玉子焼きを食べてみよう。

                  手挽きそば 一心 十割そばがおいしい店(名刺)
                  名古屋市港区須成町3-9-1
                  052-661-0997
                  11:00〜14:00
                  17:30〜20:00
                  そばが売切れ次第終了
                  定休日 月曜日
                  祭日営業の場合は翌日















                   
                  | sobayacho | 愛知県 | 20:39 | comments(0) | - | - |
                  0
                    手打ち蕎麦 やまに 豊橋
                    JUGEMテーマ:蕎麦屋

                    昨年から、十割蕎麦の旗がたてられていたが、なかなかノレンをくぐれずにいた店である。
                    最近になって、店の外装もきれいに作り変えられているのに気がついた。
                    141014yamani01
                    今日、初めて入ってみた。
                    141014yamani02
                    従来は定食が主の食堂で、看板もやまに食堂だった気がするが、
                    店の名も、「手打ち蕎麦 やまに」に変わっている。

                    141014yamani03

                    そば粉は、北海道空知と信州戸隠とある。
                    141014yamani04
                    ブログには、他にも福井県丸岡在来、長野県内産、 長野県下栗産も扱っていて、
                    玄蕎麦から丸抜き、製粉ができるそば屋とある。
                    十割そばもできるようだが、今日は普通のざる蕎麦と相方は、冷たいおろし蕎麦を注文した。
                    141014yamani06
                    柿とレンコンの突き出し。レンコンの味がいい。
                    器もチョットおしゃれ。
                    141014yamani07
                    ざるそば、薬味はねぎとわさび。蕎麦湯が一緒に出てくる。
                    そばつゆは辛目で量は少なめ、でも足らないわけではない。
                    141014yamani09

                    相方のおろしそば。海老おろしの海老抜きとでも言おうか、
                    越前のおろしそばとは別物。大根の辛味は十分。
                    141014yamani05
                    「笑顔の種まけば、元気の花が咲く」心がけたいものだ。

                    にかけ蕎麦というメニューや、野菜の天プラなど食べてみたいものがあるが、
                    一度には食べられない、次回。
                    141014yamani10
                    手作りの名刺型案内。
                    バイオリンを弾くミミズクは、土曜日に鳳来寺山で私が買ってきたもの。
                     

                    手打ち蕎麦 やまに
                    〒440-0836 愛知県豊橋市飯村町東川20-35

                    TEL: 0532-61-1585
                    ランチ 11:00〜14:00(L.O.14:00、ドリンクL.O.14:00)
                    月〜水・金〜日・祝日
                    夜の部 17:30〜20:00(L.O.20:00、ドリンクL.O.20:00)
                    定休日: 木曜日
                    名刺型案内には、
                    「早く開けたり、遅く閉めたりする。時々急に休む」とあるので、
                    遠くからお出かけの際には事前に確認されたほうが無難。

                    やまに食堂のブログ
                    http://ameblo.jp/yamanishokudou/

                    | sobayacho | 愛知県 | 08:52 | comments(0) | - | - |
                    0
                      東名下り、愛知県赤塚PA
                      JUGEMテーマ:蕎麦屋
                      愛知県、東名高速道路 赤塚PAの蕎麦




                      あなどるなかれ、ここの蕎麦は、なかなかのもの





                      富士山もり、麓は茶そば、中腹はモリソバ、山頂の雪はおろし。
                      海苔で山頂の雪が薄汚れてしまったのはちょっと残念。



                      相方のまいたけ天ぷらそば、温かいのもおいしそう。







                       
                      | sobayacho | 愛知県 | 16:27 | comments(0) | - | - |
                      蕎麦屋訪問記
                      RECENT COMMENTS
                      蕎麦屋訪問記 その 1
                      homon02
                      蕎麦屋訪問記 その 2
                      homon01
                      RECOMMEND
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ