蕎麦屋帳の「蕎麦屋訪問記」

あっちに「おいしいお蕎麦やさんがある」と聞けば、
ひょこひょこと食べに出かけ
こっちに、おいしいお蕎麦やさんがあれば、
一度は食べてみたいと思う
ただそれだけで、こだわりも、薀蓄もナンにもない
JJのお蕎麦やさん紹介
0
    ふじ花 浜松市

    JUGEMテーマ:蕎麦屋

     

    「ばらの都苑 研究畑」
    昨夜来の雨も上がり好天となった。
    浜松に「ばらの都苑 研究畑」という私設の
    バラ園が見事というので出かけた。

     

    Travel.jpによれば
     

    『「ばらの都苑」は、苑主の天野さんが亡き奥さまのため、
    おひとりで造られたバラ園です。
    おひとりでやることが供養になるとの思いから、
    開園から約16年経った今でも、ほとんどご自分だけで
    手入れをされています。』

    とあり、こんな見事なバラの写真がある。


    Travel.jp所載「ばらの都苑」5月中旬の写真

     

    苑の前に到着してさてどこに駐車すればよいか
    と思案する間もなくご主人が自ら
    「ここにとめればいいよ」とスペースを案内して下さった。

    苑内は盛りをやや過ぎた感があるものの
    見事に花をつけていて、見物の人々が散策、鑑賞している。

    苑内にある、「愛」「絆」。


    「愛」

    「絆」は、今は花が少なく判別しにくい。

     

    苑内の散策を楽しんで、戻る途中、ご主人が
    バラの手入れをしているところに出会った。
    見物客の一人が、ご主人の手入れしているそばの
    バラの枝を所望していて、ご主人が挿し木用に
    枝を切っているところだった。
    私達もご相伴で、3種のバラの枝を頂いてきた。
    我が家の庭に挿してみようというわけである。
    楽しみが一つできた。

     

    苑を出るときには、正午を少しまわっていた。
    ここからは、「手打ちそば処 ふじ花」が近い
    寄ってみてまだそばが残っていれば、
    昼食を「ふじ花」で久しぶりの本格蕎麦で
    とることにしようと思い立った。

    幸い、まだ大丈夫、前に二組ほど待って見えるが
    食べられそうだ。
    順番待ちのあいだ、2階のギャラリー鑑賞。

     

    ざるそば、相方は、おろしそばを注文。

    ざるそば、しっかりした本格手打ちそば

    久しぶりに満足

    相方のおろしそば

     

    蕎麦茶、そば湯を堪能

    最後に箸置きの落花生をぽりぽり

    ご馳走様でした


    手打ちそば処 ふじ花
    浜松市西区白洲町206
    11:30〜14:00
    定休 水・木・金
    053-487-2240

     

     

     

    | sobayacho | 静岡県 | 21:32 | comments(0) | - | - |
    0
      天小屋、浜松
      JUGEMテーマ:蕎麦屋
      トキワマンサクの時期になった。
      自生するトキワマンサクは日本では3箇所でしか
      見られないという。
      静岡県湖西市・三重県伊勢神宮・熊本県荒尾市
      の3箇所で、静岡県の湖西市はトキワマンサク自生の北限である。
      そんな貴重な花を毎年楽しんでいる。
      4月中旬になるとそろそろかなと出かける。
      今年もタイミングよく、満開のトキワマンサクに出会えた。
      あまりポピュラーな花ではないからか
      見物客でごった返すこともない。
      春の日のひと時を楽しめる。

      トキワマンサクの花の色は、基本種はごく薄い黄色であるが、
      紅色の変種であるベニバナトキワマンサクはあちらこちらでよく見かける。

      車の6ケ月点検の予約がしてあるので、時間に限りがあるが
      渋川のツツジ祭りはいかがかと、出かけてみたがまだまだの様子。

      新東名、引佐インターに程近い「天小屋」でそばを食べることに。

      お昼の混雑時刻はすぎてゆっくりとできる。
      テラス席はペット同伴OK、座敷に座るのは苦手な昨今、
      ペットと隣り合わせのテーブル席を選択。

      おむすびざるセットと半麺(そば)、この頃は昼の食事を
      注文するときボリュームが多すぎて選択に窮することが多くなった。
      半麺は有難い。丼ものも茶碗一杯ほどのご飯の量で出来るとか、
      私たちには嬉しいメニューだ。



      蕎麦湯は出来ぬと潔く。

      半麺、器もかわいらしい。

      おむすびざるセット
      このあたりは、手延べそうめんで有名なところで、一昔前に
      この近くの店で手のべそうめんの生めんを買ったことがあって、
      大変気に入って、2、3度買いに来たことがあった。
      そのうちに生めんは無くなって、乾麺になったので、縁が切れてしまった。
      当店の麺は総て手延べ麺ですとあるので、
      そばも同じように作られているのだろうか
      切り口が普通のそばと違うように思えた。



      薬味は刻みねぎ、てんかす、山葵が添えられている。

      汁は、やや甘めでたっぷりとつけて食べる。

      おにぎりが、やわらかく握られて、ほどのよい固さになっている。
      ひとつずつでちょうど良い。

      天小屋
      そば・うどん・麺類(その他)、天ぷら、カフェ・喫茶(その他) 
      053-544-0789
      静岡県浜松市北区引佐町的場275-2
      営業時間
      [月〜水・金] 11:00〜14:00 17:00〜19:00
      [土・日・祝] 11:00〜14:30 17:00〜19:00 
      定休日  木曜日・第3水曜日

      ホームページ
      ブログ
      facebook
      facebook女将





















       
      | sobayacho | 静岡県 | 21:33 | comments(1) | - | - |
      0
        そばきり いまむら 御前崎
        JUGEMテーマ:蕎麦屋

        静岡カントリー浜岡コース&ホテルで
        竹村竹美さんのパッチワーク展があるというので
        運転手を務めることになった。

        このコースでは、ずいぶん前にゴルフをしたことがある。
        ちょうど今時分の季節で、海から吹き上げる風でティーショットが
        後ろへ飛んでしまうのではないかと思うほど流されたのと、
        なまりぶしを土産に買ったのを思い出した。
        ショートホールの浮島のグリーンでワンオンすると
        噴水が上がる趣向もこのコースで初めて出会った。

        さて、パッチワーク展を観たあと近くの「そばきりいまむら」へ、
        以前から150号線の道路脇の案内板が気にかかっていた店である。

        はじめて来たが、大きな看板が目に入る。判りやすい。



        店は昼時でにぎやかな感じであったが、幸い空席があって
        すぐに通された。
        テーブル席のほか6人が座れるほどの掘りごたつ席が3卓もあり
        席数はかなりある。掘りごたつ席でゆっくりとくつろぐ。

        お品書きをみると天もり 1200円と格安である。
        いつものように天もりをたのむ。連れは、てんぷらそばと、
        とりなんばんうどんが一人づつ。

        とりなんばんうどん、出汁色は濃い目だが、辛いのが苦手な連れでも
        やや辛目という程度だから、一般の方には合う味だろう。


        てんぷら蕎麦は、天ぷらが別もりで出てきた。
        昔の天ぷらは衣が厚く、どんぶりに入ってやわらかく
        なったぐらいが食べごろだったが、今の天ぷらは
        別もりのほうが嬉しい。


        天もり

        天ぷらは、茄子、海老、イカ、かぼちゃ、ほか。

        おいしく揚がっていて、ボリュームも自分にはちょうど良い。

        もりもボリュームがあって、しっかり出来ている。連れが
        温かい蕎麦も麺がしっかりとしておいしいといっている。

        前回門膳でも陶器の皿にすだれの器だったが、そばの様子も
        似ているように思う。おいしく出来ている。

        薬味は、白ねぎとわさび、大根おろし
        最後に蕎麦湯、とろみが感じられる、本物の蕎麦湯だ。



        ゆっくりとして、出るころには、駐車場も空になっていた。
        地元の昼休み時間が賑わい時の店のようだ。

        これから、富士山が雲で見られないのが残念だが御前崎灯台を回って、
        相良梅園の梅の様子を覗いて帰ることにする。

        そば切り いまむら
        静岡県御前崎市佐倉4711-16
        0537-86-7568
        11:30〜14:00 17:30〜20:00
        定休日  火曜日




         
        | sobayacho | 静岡県 | 20:01 | comments(0) | - | - |
        0
          門膳 牧之原
          JUGEMテーマ:蕎麦屋
          御前崎、今日は灯台の上もにぎやかで、
          波乗りを楽しんでいる人もたくさん見えます。

          マリンパークから眺める富士山が好きで何度も出かけて来ます。
          今日はきれいに見えています。嬉しい。

          広場の風車の向うに富士山。

          チョットかすんで見えるのが残念ですが、青空と海と白い富士の山。
          これを見たくてやって来ます。
          この近く、牧之原の大鐘家という旧家の屋敷内にあるという
          「門膳」という蕎麦屋を訪ねることにします。
          大鐘家の建物は300年程前に建てられ、
          母屋と長屋門は国の重要文化財に指定されているそうです。

          長屋門の手前に門膳はあります。

          紫色の暖簾は旧家の証でしょうか。

          足元にも注目。踏みつけにするのは申し訳ないような気もしますが。

          さて、ここの売りはとろろとのことですが、今日は天せいろをお願いしました。
          14時15分ですが、他にお客さんは無いようです。
          つきだしと言うところでしょうか、和え物を出してくださいました。

          チョットからしの利いたさっぱりした仕立てです。

          天ぷらは、しし唐、茄子、まいたけ、かぼちゃ、海老などで
          さくっとおいしくあがっています。

          蕎麦もきれいにそろって盛り上がっています。
          やわらかめですが、しっかりしています。
          器とのバランスも楽しくなるところです。

          薬味はしろねぎと山葵です。出汁も辛すぎない、好みの加減です。
          おいしくいただきました。
          蕎麦湯は膳が出るとまもなく、でてきました。

          「所寶惟賢」日本書紀にも見られる言葉で、
          大岡忠相の絶筆でもあるそうです。
          反対側は「清風明月」でしょうか、読めませんでした。
          器も素敵ですが、蕎麦湯本来の味です。
          今日は、蕎麦がき善哉を食べました。

          固めに掻いたそばがきの団子に小豆の汁粉です。甘すぎずおいしい。

          若たけ山葵の茎でしょうか。ちょっぴり辛味の漬物です。
          善哉によく合います。

          旧家の屋敷内にあるお店なので大鐘家と縁のあるお店だろうと
          想像はつきますが、お尋ねしたところ、ご兄弟とのことでした。

          ネットで事前に調べたところ昼の営業が16:00までとなっていたし、
          お店に営業中の表示もあったので、気にも留めずに居ましたが、
          帰り際にお店のチラシを貰ったところ、営業時間14:00までとあり
          他のお客さんが居ないのも当たり前と納得したのと同時に
          遅い時間にお邪魔したのに快く向かえて頂き感謝でした。

          近くに、相良梅園という梅の時期にはにぎわうところもあり
          また、出かけてくることにしよう。

          そば、とろろ汁食事処、甘味、ランチ
          門膳
          静岡県牧之原市片浜1033
          0548-52-4832
          11:00〜14:00
          17:00〜20:00
          火曜日定休(祭日営業)
          大鐘家HP
          http://www3.tokai.or.jp/oganeke/
           
          | sobayacho | 静岡県 | 20:04 | comments(0) | - | - |
          0
            卯乃木 藤枝
            JUGEMテーマ:蕎麦屋
            2015年1月25日(日)
            久しぶりに富士山を眺めに、御前崎までドライブに出かけた。
            折角御前崎まで出かけると決めたので、
            そのあたりで蕎麦を食べようと探してみた。
            手元にあった静岡のそば屋を紹介する本に載っている、
            藤沢の卯乃木というお店に決めた。
            国道150号線を、浜名大橋ルートで入り、掛塚橋ルートと合流。
            太田川橋に差し掛かると川の向うに富士山が見えてくる。
            今日の富士山は霞の向うだ。御前崎でも期待できないかも知れない。
            御前崎までは何度も出かけているので特にこれといった
            目新しいことは無いはずだったが、御前崎の浜岡原発に
            近いあたりに、道の駅ができていた。
            「風のマルシェ御前崎」昨年の4月にオープンしたのだそうだが、
            まわりもまだ工事が続けられている様子の新しい施設だ。
            レストランと農産物を主体のスーパーのようなお店とがある。
            12時近くなので、レストランもにぎわっている。
            地元の方が作ったという大根切干を一袋購入して、出発。
            御前崎の海岸は、波が悪いのか、昼の休憩なのか、
            海に出ている人の姿は見えない。雲が多い。
            灯台を素通りして、マリンパークへ向かう。
            15012501omaezaki
            肉眼では、うっすらと見える、富士山を写した。
            風もなく、波も穏やかで、子供たちが波と戯れるほどの暖かさだ。
            車に戻って、カーナビの目的地に卯乃木を設定する。
            1時間50分と所要時間が出た。到着見込みが14時50分。
            卯乃木の昼の営業時間が15時まで、
            間に合うかどうか若干心配だがとにかく出発。
            150号線を焼津方面に進む、
            大井川にかかる富士見橋では、霞の向こうだが、
            富士山が見えた。今日の富士山はこれで満足。
            藤沢の町並みを抜けて、山側に進む。
            新東名の高い橋脚を抜けるといよいよ山道に近づく。
            車一台通るのがやっとという細い道が続く、
            なのに、対向車がなんだいも走ってくる。
            地元の車ではなさそうなので、そば屋帰りかと
            勝手に想像して、売り切れ閉店が頭をよぎる。
            なんとか到着したのが、14時30分だった。


            おそるおそる、訪ねてみる。
            せいろが1枚しかないので、田舎でよければとのこと、
            天付きで、せいろと田舎をお願いした。
            15012502unoki
            手作り風のお品書きや、室内に飾られた蕎麦猪口や土瓶がいい雰囲気で
            窓のそとにそよぐ竹の風情も嬉しい。





            まず、天ぷらが出てきた。
            海老、かぼちゃ、椎茸、このあたりで取れる山菜だろうか
            初めての食感のものなど盛りだくさん。

            椎茸が肉厚で、特においしかった。

            薬味はしろねぎと山葵。

            田舎、ふと打ちのしっかりした蕎麦だ。
            しっかりと噛み締めて味わう、久しぶりに手打ちそばの感。

            相方のせいろ、一口食べてみる、のどごしも味わいも満足、おいしい。
            訪ねたかいがあった。相方も喜んでいる。

            蕎麦湯の湯桶もしゃれた手作りのものだ。
            蕎麦湯は、予想よりすっきりした感じである。

            ご主人の見送りを受けて、外にでる。
            入るときには気がつかなかったが、湧き水だろうか
            玄関の前にいく筋も水が流れ落ちている。

            また、一つ楽しみが増えた。ごちそう様でした。

            卯乃木 (うのき)
            静岡県藤枝市瀬戸ノ谷11658-2
            054-639-0878
            藤枝駅から車で約30分
            11:00〜売り切れ次第終了
            定休日 火曜・第2第4水曜
            (祝日の場合営業)
             2015/01/25訪問
            | sobayacho | 静岡県 | 11:20 | comments(0) | - | - |
            0
              身麻呂 浜松
              JUGEMテーマ:蕎麦屋
              うなぎパイで知られる春華堂が、浜松市の浜北区に
              「提案型のスイーツ・コミュニティ」nicoe(ニコエ)を
              2014年7月20日にオープンさせた。

              テレビ放送で知って早速出かけてみた。

              このエントランスを進んで行くと
              nicoeガールの山田ニナさんがにっこりと迎えてくれる。
              ちょっと滝川クリステル似で、テレビ取材では
              例の「お、も、て、・・」の真似をさせられていたひとだ。

              土曜日でオープンから間もないせいもありかなりの人出である

              いろいろなスイーツ、和菓子から洋菓子まで、ここでしか
              販売されないものもいくつもある。

              nicoeのサイトはこちら

              なかに、『「nicoeロール」見てびっくり、その長さは50cm。
              nicoe店限定のこのロールケーキは、ただ長いだけではなく、
              その味わいも本格的。』というものもある。

              スイーツだけでなく、ゆったりと本格イタリアン(ランチ&ディナー)を
              ブッフェ形式で楽しめるイタリアンブッフェ「THE COURTYARD KITCHEN」
              もあり、10人ほどが行列していた。

              私たちは、団子とお茶のセットでチョット休憩、


              甘酒のなかに四角い氷、やや興ざめ、
              うなぎパイを購入してここをあとにした。

               さて、国道152号線バイパスを天竜方面へ向かい、天竜浜名湖鉄道の宮口駅に近い
              「身麻呂」さんへ、何年ぶりになるだろう、車を近くの庚申寺に置いてお店へ



              私は、もり、相方は、おろしそばを注文する

              おろしは親田の辛味大根で、搾って薬味として添えられている。

              十割の細うち蕎麦でやはりおいしい。

              おかみさんとお客との話から、ここの息子さんが独立して
              信州で蕎麦屋を今年の1月からやってるとわかった。
              帰り際に私たちも息子さんの店の案内をコピーしてもらった。
              機会をみてぜひ出かけようと思っている。
              楽しみが一つ増えた。

              そば処身麻呂
              浜松市浜北区宮口619
              053-582-2212
              11:00〜14:00
              売切れ次第終了
              火・水定休
              身麻呂日記

              息子さんの店
              蕎麦 ひねもす
              長野県上伊那郡飯島町田切3019-3
              0265-98-8596
              11:00〜16:00
              月曜定休(連休のときもあり)
              蕎麦ひねもすHP
              ひねもすのたりBlog
              twitter
              お店の様子はお客さんのブログのほうがわかりやすい。
              酔っ払ライダーのブログ
              | sobayacho | 静岡県 | 20:11 | comments(0) | - | - |
              0
                ふじ花
                JUGEMテーマ:蕎麦屋
                手打ちそば処  ふじ花

                静岡県、浜名湖東岸舘山寺温泉の近くに「昇竜しだれ梅園」はある。
                久しぶりに陽射しの暖かい日になったので出かけてみた。
                しだれ梅が園いっぱいに咲いている。いまが盛りだ。
                20140312ume
                ここから車で数分走ると、浜松フラワーパーク(植物園)だ。
                河津桜がまだ咲き誇っている。
                2040312sakura
                園内には、木下恵介生誕百年碑が作られていた。
                20140312keisuke
                これからの季節はチューリップのようで、園のあちらこちらに若い芽を
                出した、チューリップ畑がある。

                ここに来たときは必ず覗いてみる蕎麦屋がある。「ふじ花」だ。
                覗いてみるというのは、売り切れで食べられないことが多いからだ、
                今日も、自分たちは、ぎりぎりで蕎麦にありつけたが、次に入った
                人は間に合わず、引き返して行った。
                20140312menu
                ざるそば、ざるとろろそば、野菜の天ぷらをお願いした。
                そば茶、おいしい、かわいい土瓶でおかわりできるのも嬉しい。
                20140312cha
                相方のざるとろろそば、とろろもたっぷりで満足そう。
                20140312tororo

                野菜のてんぷらとざるそば。野菜の天ぷらはさくさくでおいしく
                揚がっている。人参、牛蒡、かぼちゃ、舞茸、いんげん、わけぎ
                ブロッコリー、他 いろいろあって楽しい。
                久しぶりに本格手打ち蕎麦を食べた。
                やはり、しっかりしてのど越しのいい蕎麦がおいしいと思う。
                20140312seiro
                箸置きに殻つきの落花生が置いてある。食べられるからあとでどうぞ
                とすすめられた。
                20140312hasioki
                季節らしく漬け梅がそえられていた。酸っぱい梅干しかと思ったが、
                甘みのある味に美味しく漬かっている。
                20140312umebosi
                蕎麦湯
                20140312sobayu
                箸置きの落花生、煎ってある。
                20140312rakkasei
                今回は平日だったのでタイミングよく蕎麦が食べられた。
                また、覗きに来よう。
                20140312tatemono

                手打ちそば ふじ花
                静岡県浜松市西区白洲町266
                053-487-2240
                営業時間11:30〜14:00
                売切れ次第終了
                定休日 木 金曜日
                http://fujihana.sakura.ne.jp


                 
                | sobayacho | 静岡県 | 15:22 | comments(0) | - | - |
                0
                  寸又峡、手造りの店 さとう
                  JUGEMテーマ:蕎麦屋

                   寸又峡、手造りの店 さとう
                  わさびそば


                   9月24日(火)随分前に一度訪ねたことのある、寸又峡へ出かけた。
                  9月も下旬だというのに、洋上の台風の影響か、妙に蒸し暑い感じがして、涼をもとめて、というわけ。

                   新東名の島田金谷ICから大井川に沿って北上、このあたりはSLが現在も走っている、大井川鉄道の線とつかず離れずの道路なので、時間帯によっては、SLの姿を見ることができるかもしれない。

                   川沿いの一車線になったり二車線になったりの山道を走り、寸又峡温泉、大間の無料駐車場に車をおいた。ここから先は一般車進入禁止になっている。駐車場脇にカモシカ像がお出迎えしてくれる。

                  sumata01

                   車をおいて、少し進んだ左手に手造りの店さとうがあった。午後1時を過ぎていたので、先に腹ごしらえをしてから、夢の吊橋へ行くことにする。

                  sumata02

                   人気は、わさびそばだという。わさびの茎や葉それにたっぷりのおろしわさびを載せた、冷たいかけだそうだ。

                  sumata03

                  わさびそばと、こんにゃくのみそ田楽を注文する。

                  sumata04

                   ミソでんがく、こんにゃくにミソと削り節がのっている。サクッとした歯ごたえが、嬉しい。田舎の手造りのこんにゃくなのだ。

                  sumata05

                   わさびそば、そばの上に、そばが見えないほどの、わさびの茎や葉がのっている。その真ん中に、大きな梅干より一回り大きいほどのおろしわさびの塊がある。よく掻き混ぜて食べてくださいといわれた。

                  sumata06

                   混ぜるとこんな具合。からくて食べられないのではないかと思ったが、確かにからいが、なぜかすっきりしたからさで、おいしい。そばは地元産の生めんを使っているようだ。お土産としてお店でも売られている。

                   夢の吊橋まで往復小一時間とイラストマップで説明してくれる。夢の吊橋の中ほどにパワースポットがあって願い事をするとかなうのだそうだ。行ってらっしゃいの声に送られて、出発。

                  sumata10

                   歩き始めると右手に大間駅の表示がある。ここは半世紀ほど前には、千頭森林鉄道という鉄道の駅のあって、その跡だそうだ。

                  sumata09

                  sumata07

                   現在遊歩道になっているところは、当時の軌道跡らしい。
                  夢の吊橋のパワースポットで、ひそかな願い事をしてきた。


                  手造りの店さとう

                  静岡県榛原郡川根本町千頭372
                  TEL:0547-59-2387 
                  FAX:0547-59-2387
                  営業時間:6:00〜18:00
                  定休日:年中無休

                  わさびそば(夏限定)800円
                  とろろそば     600円
                  冷た〜いわらび餅  500円
                  こんにゃくおでん  500円


                   

                  こんなところに鉄道?とネットでこんなサイトを見つけた。

                  千頭森林鉄道
                  林道・ダム・鉱山の勝手な記録
                  千頭森林鉄道 沢間駅〜大間駅

                  | sobayacho | 静岡県 | 13:56 | comments(0) | - | - |
                  0
                    万瀬ぼうら屋
                    JUGEMテーマ:蕎麦屋



                    天空のレストラン&イベントプラザ
                    万瀬ぼうら屋
                    boura01



                    静岡県磐田市旧豊岡村の最北部の山間にある万瀬、
                    車一台ほどの道幅のところが多い細い山道を登り切った峠近くに
                    「ぼうら屋」があります。
                    この峠はその昔、秋葉山に詣でた人々が往来した
                    秋葉道の一つだったのでしょうか。
                    耳慣れない「ぼうら」とは、「農家の人が畑仕事で収穫した野菜を入れたり、
                    草取りでは雑草を入れたりする筒状の竹篭のこと。」だそうです。

                    boura02

                    平成18年から静岡県の「一社一村しずおか運動」のこの地区の活動として
                    農村レストラン「万瀬ぼうら屋」が運営されています。
                    パンフレットにも「万瀬ぼうら屋は、山間の万瀬に住む人々の想いがこもった
                    天空のレストランです。」とあります。
                    秋の空気の澄んだ時には、遠州灘が光って見えますが、今日は駄目ですね。

                    boura03


                    メニューは蕎麦がメインというわけではありませんが、
                    手打ちそばを食べさせてもらえます。

                    boura04teuchi

                    お店に入るとまさにのし終えた蕎麦を切りにかかるところでした。
                    楽しみです。
                    今日は、そばをいただくためメニューにはありませんが、
                    かきあげつきざる蕎麦と天婦羅の盛り合わせをお願いしました。

                    店の中には、地区の方の作品などが展示されています。

                    boura05

                    ギャラリーとしても活用されているようです。

                    boura08zensai

                    前菜です。本来はコースメニュー用でしょうか、
                    なんか得した気分で嬉しくなります。

                    boura09siitake
                    シイタケの素揚げ。軽い塩味でおいしい。

                    boura10
                    ジャガイモの甘辛につけ。おふくろの味。

                    boura11
                    きゅうりの酢もみ。ほんのり甘みがあって懐かしい味です。


                    boura12
                    天婦羅盛り合わせ。
                    盛り付けもきれいで、抹茶塩で食べるといくらでも入りそう。

                    boura13
                    こちらが掻き揚げとざる蕎麦です。海苔が乗っています。
                    海苔をぬいてもらうようお願いしておくのだった。
                    汁は、関東風の辛い味。私にはもう少し甘みがあった方が好ましい。

                    boura14
                    蕎麦は、柔らかめの茹で具合。でもこの店は好きです。
                    写真の具合で蕎麦の色が異なって見えますが同じものです。

                    蕎麦は、あまり多くは用意されていないようなので、
                    事前にお願いしておくといいですよ。
                    実は、今日、開店前に電話で確認したら
                    「とっておきますから」と快く約束していただきました。
                    そんなところも気に入っています。

                    お店の入り口には、手作りのお人形とか、
                    陶器なども展示販売されています。
                    boura15
                    その中にあった「頭をなでると幸せがくる」という
                    フクロウの頭をなでて思わず「また来ます」。


                    万瀬ぼうら屋

                    静岡県磐田市万瀬493-2
                    0539-62-5227
                    金土日月
                    11;00〜15:00
                    火水
                    10名以上の予約のみ
                    木曜休

                    | sobayacho | 静岡県 | 22:31 | comments(0) | - | - |
                    蕎麦屋訪問記
                    homon
                    CALENDAR
                    SMTWTFS
                         12
                    3456789
                    10111213141516
                    17181920212223
                    24252627282930
                    31      
                    << December 2017 >>
                    PR
                    SELECTED ENTRIES
                    CATEGORIES
                    ARCHIVES
                    RECENT COMMENTS
                    蕎麦屋訪問記 その 1
                    homon02
                    蕎麦屋訪問記 その 2
                    homon01
                    RECOMMEND
                    MOBILE
                    qrcode
                    LINKS
                    PROFILE
                    このページの先頭へ