蕎麦屋帳の「蕎麦屋訪問記」

あっちに「おいしいお蕎麦やさんがある」と聞けば、
ひょこひょこと食べに出かけ
こっちに、おいしいお蕎麦やさんがあれば、
一度は食べてみたいと思う
ただそれだけで、こだわりも、薀蓄もナンにもない
JJのお蕎麦やさん紹介
<< 蕎麦屋侍 | main | 三日庵 信州阿智 >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    0
      手打ち蕎麦 やまに 豊橋
      JUGEMテーマ:蕎麦屋

      昨年から、十割蕎麦の旗がたてられていたが、なかなかノレンをくぐれずにいた店である。
      最近になって、店の外装もきれいに作り変えられているのに気がついた。
      141014yamani01
      今日、初めて入ってみた。
      141014yamani02
      従来は定食が主の食堂で、看板もやまに食堂だった気がするが、
      店の名も、「手打ち蕎麦 やまに」に変わっている。

      141014yamani03

      そば粉は、北海道空知と信州戸隠とある。
      141014yamani04
      ブログには、他にも福井県丸岡在来、長野県内産、 長野県下栗産も扱っていて、
      玄蕎麦から丸抜き、製粉ができるそば屋とある。
      十割そばもできるようだが、今日は普通のざる蕎麦と相方は、冷たいおろし蕎麦を注文した。
      141014yamani06
      柿とレンコンの突き出し。レンコンの味がいい。
      器もチョットおしゃれ。
      141014yamani07
      ざるそば、薬味はねぎとわさび。蕎麦湯が一緒に出てくる。
      そばつゆは辛目で量は少なめ、でも足らないわけではない。
      141014yamani09

      相方のおろしそば。海老おろしの海老抜きとでも言おうか、
      越前のおろしそばとは別物。大根の辛味は十分。
      141014yamani05
      「笑顔の種まけば、元気の花が咲く」心がけたいものだ。

      にかけ蕎麦というメニューや、野菜の天プラなど食べてみたいものがあるが、
      一度には食べられない、次回。
      141014yamani10
      手作りの名刺型案内。
      バイオリンを弾くミミズクは、土曜日に鳳来寺山で私が買ってきたもの。
       

      手打ち蕎麦 やまに
      〒440-0836 愛知県豊橋市飯村町東川20-35

      TEL: 0532-61-1585
      ランチ 11:00〜14:00(L.O.14:00、ドリンクL.O.14:00)
      月〜水・金〜日・祝日
      夜の部 17:30〜20:00(L.O.20:00、ドリンクL.O.20:00)
      定休日: 木曜日
      名刺型案内には、
      「早く開けたり、遅く閉めたりする。時々急に休む」とあるので、
      遠くからお出かけの際には事前に確認されたほうが無難。

      やまに食堂のブログ
      http://ameblo.jp/yamanishokudou/

      | sobayacho | 愛知県 | 08:52 | comments(0) | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | スポンサードリンク | - | 08:52 | - | - | - |









        蕎麦屋訪問記
        homon
        CALENDAR
        SMTWTFS
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        蕎麦屋訪問記 その 1
        homon02
        蕎麦屋訪問記 その 2
        homon01
        RECOMMEND
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        このページの先頭へ