蕎麦屋帳の「蕎麦屋訪問記」

あっちに「おいしいお蕎麦やさんがある」と聞けば、
ひょこひょこと食べに出かけ
こっちに、おいしいお蕎麦やさんがあれば、
一度は食べてみたいと思う
ただそれだけで、こだわりも、薀蓄もナンにもない
JJのお蕎麦やさん紹介
<< ひねもす | main | 天祥庵、忍野八海 >>
0
    天小屋、浜松
    JUGEMテーマ:蕎麦屋
    トキワマンサクの時期になった。
    自生するトキワマンサクは日本では3箇所でしか
    見られないという。
    静岡県湖西市・三重県伊勢神宮・熊本県荒尾市
    の3箇所で、静岡県の湖西市はトキワマンサク自生の北限である。
    そんな貴重な花を毎年楽しんでいる。
    4月中旬になるとそろそろかなと出かける。
    今年もタイミングよく、満開のトキワマンサクに出会えた。
    あまりポピュラーな花ではないからか
    見物客でごった返すこともない。
    春の日のひと時を楽しめる。

    トキワマンサクの花の色は、基本種はごく薄い黄色であるが、
    紅色の変種であるベニバナトキワマンサクはあちらこちらでよく見かける。

    車の6ケ月点検の予約がしてあるので、時間に限りがあるが
    渋川のツツジ祭りはいかがかと、出かけてみたがまだまだの様子。

    新東名、引佐インターに程近い「天小屋」でそばを食べることに。

    お昼の混雑時刻はすぎてゆっくりとできる。
    テラス席はペット同伴OK、座敷に座るのは苦手な昨今、
    ペットと隣り合わせのテーブル席を選択。

    おむすびざるセットと半麺(そば)、この頃は昼の食事を
    注文するときボリュームが多すぎて選択に窮することが多くなった。
    半麺は有難い。丼ものも茶碗一杯ほどのご飯の量で出来るとか、
    私たちには嬉しいメニューだ。



    蕎麦湯は出来ぬと潔く。

    半麺、器もかわいらしい。

    おむすびざるセット
    このあたりは、手延べそうめんで有名なところで、一昔前に
    この近くの店で手のべそうめんの生めんを買ったことがあって、
    大変気に入って、2、3度買いに来たことがあった。
    そのうちに生めんは無くなって、乾麺になったので、縁が切れてしまった。
    当店の麺は総て手延べ麺ですとあるので、
    そばも同じように作られているのだろうか
    切り口が普通のそばと違うように思えた。



    薬味は刻みねぎ、てんかす、山葵が添えられている。

    汁は、やや甘めでたっぷりとつけて食べる。

    おにぎりが、やわらかく握られて、ほどのよい固さになっている。
    ひとつずつでちょうど良い。

    天小屋
    そば・うどん・麺類(その他)、天ぷら、カフェ・喫茶(その他) 
    053-544-0789
    静岡県浜松市北区引佐町的場275-2
    営業時間
    [月〜水・金] 11:00〜14:00 17:00〜19:00
    [土・日・祝] 11:00〜14:30 17:00〜19:00 
    定休日  木曜日・第3水曜日

    ホームページ
    ブログ
    facebook
    facebook女将





















     
    | sobayacho | 静岡県 | 21:33 | comments(1) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 21:33 | - | - | - |
      こちら天小屋さんは遠州手延べ麺の乾麺を使われています。自家製ではありません。
      | Yunyun | 2017/04/30 8:18 PM |









      蕎麦屋訪問記
      homon
      CALENDAR
      SMTWTFS
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      蕎麦屋訪問記 その 1
      homon02
      蕎麦屋訪問記 その 2
      homon01
      RECOMMEND
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ