蕎麦屋帳の「蕎麦屋訪問記」

あっちに「おいしいお蕎麦やさんがある」と聞けば、
ひょこひょこと食べに出かけ
こっちに、おいしいお蕎麦やさんがあれば、
一度は食べてみたいと思う
ただそれだけで、こだわりも、薀蓄もナンにもない
JJのお蕎麦やさん紹介
<< 愛知県蒲郡市 やをよし 龍神おろし | main | 愛知県東栄町 茶禅一 雲上そば >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    0
      愛知県田原市 はないち しらすおろし しらす掻き揚げ

      JUGEMテーマ:蕎麦屋

      愛知県田原市 はないち しらすおろし しらす掻き揚げ

       

       豊橋市の太平洋岸の一角に笹ゆりの里として近隣の人たちが
      丹精こめて育てているところがある。

      そのところどころに和歌を書いた短冊ようの木札を掛けてある。
      その木札についての記事が地元新聞に載った。
      この日曜が最後で、取り外すという。バックには沢山に咲いた
      笹ゆりの写真がある。ウオーキングをかねて出かけることにした。

       

       現地に着いてみると、特設駐車場に5、6台の車があり、私達以外にも
      続いて到着する車がある。園地まで少し歩く。

      残念ながら花はほとんど終わってしまっていた。
      ウオーキングのつもりで園内を歩く、

      わずかに残っているささゆりの花

      置物のウサギが二羽笹ゆりの葉の陰に潜んでいる

       

       ここには安政の地震の鎮めの碑というのがある。

      「安政元年(1854)11月4日 M8.4 東海地震、同11月5日 東南海地震 M8.4 」と記されている。

      「言い伝えでは29メートルの高台まで水が上がったとのこと」とも記されている。

      1945年の地震は幼児のころの記憶としてある。昨今、東海地震、東南海地震の可能性が

      叫ばれている。先祖の体験を知識としてではなく、己のこととして引き継いでいく

      それが、祈りであり、祭りなのだと思う。それがここにある。

       

      はるか下方に釣り人が見える

       

      園地を出て、浜辺まで下りてみる。
      釣り人やサーファーがそれぞれのときを過ごしている。

      西方に伊良湖岬か神島か定かには判別できないが山が見える。

      伊良湖岬まで足を延ばすことにする。

       

       赤羽根はサーファーの集まる、赤羽根ロングビーチというサーフポイントで知られるところである。
      国道沿いの「はないち」で昼食とする。

      土曜日なので地元家族連れでにぎわっている。二組ほど待って席に案内された。

      赤羽根港に揚がるしらす使った品がいくつかある。
      渥美半島どんぶり街道と銘打って、街道沿いの飲食店が
      36店でスタンプラリーを行っている。ここには赤羽根しらす丼がある。

      とはいえ、やはり蕎麦がいい。
      ということで、掻き揚げつき、しらすおろし蕎麦を頼む。

      相方はミニしらす丼、ミニ蕎麦が付いている。

      ミニしらす丼とミニ蕎麦。

      蕎麦はこの地方特有の「にかけ蕎麦」である。

      かけそばに油揚げの刻み(味付けも煮込みもない)
      蒲鉾、ほうれん草、を載せ、鰹節を振りかけたもの。

      もともとはこの地方はうどん文化なので「にかけうどん」だがそばに応用したもののようだ。

      しらすおろし蕎麦

      おろしの緑色はなにか尋ねそびれた。おろしはやや辛みが強いように感じた。

      蕎麦は色白で細め、掻き揚げは厚くボリュームがある、さくっと揚がっていておいしい。

       

       今日は風も穏やかで、陽射しがあるので、伊良湖岬はそこそこの人出があり砂浜で釣りをする人、

      波打ち際で波と戯れる人など眺めながら、灯台のあたりを回ってフェリー乗り場辺まで一回りウオーキング。

      振り向けば、恋路が浜

      神島、三浦友和、山口百恵の潮騒の舞台

      三浦貴大の両親と言ったほうがわかる時代かな

       

      灯台、椰子の実が流れ着いたのはこのあたりか

      「名も知らぬ遠き島より流れよる椰子の実ひとつ」

      という歌の原点

       

       遊歩道の脇に大きな葉のハマアザミが生えている。


      一つだけ花が咲いていた。


      はないち
      愛知県田原市赤羽根町赤土25-8
      0531-45-4187
      11:00〜15:00 17:30〜20:00
      月曜日(祝日の際は営業、翌火曜日休み)

       

      | sobayacho | 愛知県 | 22:01 | comments(0) | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | スポンサードリンク | - | 22:01 | - | - | - |









        蕎麦屋訪問記
        homon
        CALENDAR
        SMTWTFS
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        蕎麦屋訪問記 その 1
        homon02
        蕎麦屋訪問記 その 2
        homon01
        RECOMMEND
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        このページの先頭へ